アロマディフューザー

「アロマディフューザーの種類は?」
「おすすめのアロマディフューザーって何?」

 

アロマを楽しむからには、アロマディフューザーにもこだわりたいですよね。

 

今回は、アロマディフューザーについてまとめました。

 

※精油などアロマ関連製品を使用して気になることがあれば、すぐにお医者様に相談しましょう。
※薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえご使用ください。

 

 

 

 

 

アロマディフューザーとは

 

ディフューザーとは、アロマの香りを空間に広げ、香りを楽しむためのグッズです。

 

アロマの香りを楽しむことを、アロマテラピーでは「芳香浴」と言います。

 

ディフューザーを使えばお部屋の空間に、効率よく、簡単に香りを拡散することができます。

 

ディフューザーにはたくさんの種類があります。

 

自分にあったディフューザーを選んで楽しむことで、自分のお部屋が素敵な空間に生まれ変わります。

 

アロマディフューザーの種類

 

アロマディフューザーには、大きく2つのタイプに分けることができます。

 

熱を使わないディフューザーと、熱を使うディフューザーです。

 

熱を使わないディフューザーは、熱でアロマ精油が変化せず、アロマの香りそのものを楽しむことができます。

 

そのため、おすすめは熱を使わないディフューザーです。

 

さらに、その中でも色々なタイプがあります。代表的なものをまとめました。

 

熱を使わないディフューザー
  • 自然蒸発式ディフューザー
  • ファン式ディフューザー
  • ネブライザー式ディフューザー
  • 超音波式ディフューザー
  • ピエゾ式ディフューザー

 

熱を使うディフューザー
  • アロマポット
  • アロマランプ
  • ヒーター式ディフューザー

 

熱を使わないディフューザーは、自然蒸発式ディフューザー以外は少し金額がお高めです。

 

特に、@aroma(アットアロマ)のピエゾ式ディフューザーはしっかりとした香りを感じることができるため、おすすめです。

 

価格帯を安く抑えたい
なら、自然蒸発式ディフューザーのストーンアロマ(@aroma)などがおすすめです。

 

熱を使わないディフューザー

 

熱を使わないディフューザーの特徴として、アロマ精油が熱で変化しないという特徴があります。

 

健康にも熱を使わないディフューザーが優しいとされ、人気が高まっています。

 

自然蒸発式ディフューザー

 

精油は自然に、蒸発するという特徴を利用したディフューザーです。

 

ストーンディフューザー、スティックディフューザー、フェルトディフューザーなどがあります。

 

拡散能力は高くないですが初心者におすすめなのが、ストーンディフューザーです。

 

格安で気軽に使える!アロマストーン

アットアロマ アロマストーンディフューザー ミニ 2個セット 持ち運び用ケース付き アロマ ディフューザー 素焼き 水を使わない コンパクト シルバー缶 小型 携帯 旅行 芳香 メール便送料280円 あす楽 ◇◇

価格:1,045円
(2022/9/25 05:30時点)
感想(16件)

 

アロマストーンにこだわりたい人に!TOKONAME(トコナメ)

★メディアで話題★【公式アットアロマ】トコナメ アロマストーンディフューザー TOKONAME

価格:2,530円
(2022/9/25 05:31時点)
感想(0件)

 

ファン式ディフューザー

パッドに染み込ませた香りを、ファンデ風とともに香りを送ります。ファンの音が聞こえます。

ko


 

ネブライザー式ディフューザー

空気を圧縮することによって、オイルを微粒子状にし香りを拡散させます。

 

香りが均一に広がり素敵な空間を演出できます。

 

動作音がすること、消費量が多めです。

 

orb


 

one


 

超音波式ディフューザー

精油を入れた水を、超音波の振動によって霧化粒子にし、香りの拡散を行います。

 

霧状のオイルで雰囲気もよく、加湿効果が期待できます。

 

少量のアロマで楽しむことができます。水を清潔に使うには、こまめな洗浄が必要になります。

 

ピエゾ式ディフューザー

ピエゾ素子の振動によって、オイルを霧化させて香りを拡散します。

 

拡散能力が高く、安定した香りを楽しむことができます。

 

素敵な空間づくりには、非常におすすめのディフューザーです。

 

専用のオイル(精油を希釈したもの)が必要な場合が多いです。

 

solo


 

 

 

熱を使うディフューザー

 

熱を使うディフューザーは安価で、車やUSBなどシーンに合わせて使えるものが多いのが特徴です。

 

アロマポット、アロマランプ

 

アロマランプとアロマポットはお皿にアロマを垂らし、熱でアロマを拡散せます。

 

アロマランプはキャンドルの熱で香りを拡散させますが、アロマランプはコンセントからとった電気の力で香りを拡散させます。

 

ヒーター式ディフューザー

 

ヒーター式ディフューザーは、パッドに精油をかけて熱で香りを拡散させます。

 

パソコンのためのUSB式や、車で使えるタイプのものがあります。

 

アロマディフューザーの選び方

 

アロマディフューザー選びに迷った方に、おすすめの選び方を紹介します。

 

基本的には自分の用途と価格で選んでもらえばいいと思います

 

それでも「結局どのディフューザーを選べばいいの?」と悩んでいる方は意外と多くいらっしゃいます。

 

そんな方に私たちの選び方を1つの考え方として、ご紹介いたします。

 

それは下の3つです。

 

熱を使わないディフューザーから選ぶ
初心者の方、予算をおさえたいならストーンディフューザー
予算を気にせず、よいディフューザーが希望ならピエゾ式ディフューザー

 

熱を使わないディフューザーから選ぶ

 

熱を使わないと、精油本来の香りや機能が期待できます。

 

本来の香りを楽しむなら熱を使わないディフューザーがおすすめ。

 

初心者の方、予算をおさえるならストーンディフューザー

 

初心者の方、予算をおさえたい方におすすめしたいのがストーンディフューザーです。

 

使い方は垂らすだけですので、とても簡単です。また持ち運びもしやすく、とにかく使いやすいです。

 

予算を気にせず、よいディフューザーが希望ならピエゾ式ディフューザー

 

予算を気にしないで、お部屋の空間をよくしたい方には、ピエゾ式ディフューザーをおすすめします。

 

価格は高めで、専用オイルが必要になることがおおいです。

 

しかし、手間があまりかからず、お部屋の香りもしっかりと楽しむことができます。

 

一度使うと手放せなくなります。

 

 

アロマディフューザーは、用途と予算で選びます。

 

迷っている方には、ストーンディフューザー、ピエゾ式ディフューザーがおすすめです。

 

是非、自分にあったディフューザーを選んで、さらに素敵な毎日を送ってください!